お久しぶりすぎてごめんっ!
っというのも最近イベント事が多すぎて、
取材はしてたのにupできなかった。
でもでも〜、
今回の子はすごいぜっ!
イベントをした岡山で会った、
タマネギ頭のこの子。
いつもと一風変わった視点から
モテを提唱してきやがるっ!
そしてあまりにポジティブ!
話しの最後には惚れてました。
行ってみよう!


クミちゃん24歳、
職業フリーランス。
彼氏いない歴2年、
そしてゲーマー。
初めて買ったCDは、
マイケルジャクソン。
かなり多才な子とだけいっておきます。

コージ)「かわいいのになんで彼氏いないの?」

クミ )「仕事が忙しくて、彼氏作っても
    会う時間とか少ないしさっ。」

コージ)「いい人がいればって感じ?」

クミ )「まあそうだけど、
    なかなかいないよねっ。
    一目惚れとかはまずないしっ。
    まず友達になってそれから付き合うって感じじゃないと
    多分だめだと思う。」

コージ)「そういうタイプねっ!
    同窓会とか行ったらいるかもね!」

クミ )「同窓会はいかないんだっ。
    仕事柄もあるし、
    同じ位の年齢の男の子が仕事周りとかにはいないから、
    話しも合わないの。
    もう24だしとか、
    そろそろ結婚とかそういう話しも好きじゃ無くてね〜。」

コージ)「んじゃどんな人だったらいい?」

クミ )「プレゼントいっぱいくれる人!!

コージ)「金品かよっ!!!」

クミ )「だって普通に嬉しいでしょ?
    漫画もらったり、
    花もらったり、
    ブランド品とかじゃないよっ」

コージ)「小さな物でも嬉しいんだ?
    くれる気持ちはいいよねっ?」

クミ )「そうそう、
    考えてくれてる感のある贈り物はいい!

コージ)「そこだね〜。
    値段じゃないよねっ〜。
    年下と年上どっちがいい?」

クミ )「年下はだめっ!
    やっぱ話しとかの内容が30歳以上の方がおもしろいの。」

コージ)「そっか。
    年の功と言うものですねっ!
    じゃあ、見た目は?」

クミ )「なんでもいいんだよねっ!
    完全に中身!!

コージ)「うわ〜、すげ〜、
    久しぶりにいたっ!
    完全って言い切ったからねっ。
    ほんとかな〜?」

クミ )「2年前の彼氏は周りにものすごいびっくりされた!
    ありえないって。」

コージ)「何が?!見かけが??」

クミ )「そう」

コージ)「それも失礼だよねっ?!
          でもホントに完全に中身なんだね?
      じゃあ、収入とかは気になる?

クミ )「家が裕福でなかったから、
    やっぱ多少は気になるよね。
    弟からパクったバック使ってた事もあったし!(笑)」

コージ)「弟かわいそうだろ〜〜!(笑)
    それにしてもクミちゃんはキャラ立ってるよね?」

クミ )「私めっちゃポジティブなんだよねっ!
    自分の嫌なとこ沢山知ってるけど、
    そういう自分を好きな自分がいたりしてっ。
    その嫌な部分だったりとかから、
    全てのHappyやLuckyがうまれるんだっ!
    例えば家で鏡見ていけてないのに、
    外で鏡見たらいけてるじゃんって思える!

    プチLucky!!

             自分で自分ほめるんだよねっ!
    家で1人事言うときもあるよっ、
    よく頑張りました自分って!!」

コージ)「前向きな子ってすごいいいねっ!
           どんなhappyじゃ無い事も考え方1つでhappyに変えちゃう!」

クミ )「ありがとう。
    なんかプチLuckyな感じ!」

コージ)「そんな事言われたら、こちらこそプチLuckyな感じ?
          じゃあプチLuckyクミちゃん、
    モテる男になるにはどうすれば良いか教えテッ!」

クミ )「やっぱり中身を磨く事かなっ!
    最初はフレンドリーに、
    もちろん相手の友達とかとも打ち解けないとねっ!
    後、
    個人的になんだけど、
    ギター君よりピアノ君が好き!!

コージ)「えっ?なにそれ?」

クミ )「ギターは激しい音で強い感じ、
    ピアノは繊細で優しく包み込む感じ。
    私はピアノ君が好きなんだっ!
    ピアノ弾けるとどんな曲でもグッと来るものがある。
    声とかいらないしネッ!!
    ピアノ君と会えたらいいな〜っ!
    って感じだね!」

コージ)「なるほど〜、包み込むかあ〜?
    包まれるのは好きなんだけど、優しく包み込むとなると
         俺はまだまだスキル不足だゼッ!
    これを読んでるみんなもピアノ君目指して頑張ろう!!
    クミちゃんありがとう!」

クミ )「いえいえ、
    色々トークしたし、
    今度地元の名産でもコージコーナーさんに送りますよっ。
    家の近所のうどん屋さんの醤油豆まじうまいからっ!」

コージ)「何それ?」

クミ )「えっ!
    知らないの?
    めっちゃおいしいんだよ〜、
    送ってあげるよっ!」

コージ)「まじ?
    そのプレゼント嬉しい!
    気持ちのこもったプレゼントでプチLuckyだぜっ!!」

クミ)「プチLucky〜〜!!
    でしょっ?
    それじゃお楽しみに!」

コージ)「クミちゃんありがとう!」



今回のクミちゃん、何回も言ってるが、
マジでポジティブだったぜ!!
久しぶりにこんな子と出会った!
プチLuckyこれからもしてみよっ。




<<過去ログへ          Indexへ>>