ようやく正月の繁忙期も終わり、機内には子供も少なくなってきました。
姫、正直言って子供って嫌い。でも、子供見て「かわいい〜」って言ってる女はもっと嫌い。
半分以上はイメージアップ作戦だから。騙されちゃだめよん。
あ、ごめんなさい。愚痴っちゃったわ。
最近、姫、合コン行ってなくてストレスたまっちゃってるみたい。

 

さて、合コンでモテ男になるための術―出会い編―はもう3回目なわけだけど、
出会った数時間で女の子の気持ちをガシっと掴むには、前回のアゲアゲ↑と同時進行で使ってほしい術があるの。
それをレクチャーするね。

モテ男は優男。

姫の仲良しの先輩、久子さん、今年32歳。綺麗で、スタイルも良いんだけど、性格がちょっと問題あり。
そう、高飛車なの。

「私が結婚したいと思えるのは、年収2000万以上のイケメンのみ。私のわがままを何でも聞いてくれて、エステは毎週、掃除はハウスキーパーにやらせて、娘は○○幼稚園に入れて…。」

と、かなり「ドラマやまとなでしこ」の桜子さん状態だったのね。
その久子さんが先日、「姫ちゃん、私、結婚する事にしたの。」って、少女のように言ってきたの。
やっぱり相手はどんな人か気になるじゃない?
それが、びっくりな事に、名も知らない会社の会社員で、頭は結構薄くて、
背は低くて、先輩の理想像とはかけ離れた人だったの。

「先輩、何があったんですか?頭でも打ったんじゃあ!?」と心配していたんだけど、
久子さんは満足そうにこう言ったわ。

「彼、ほんとに優しいの。私、はじめてあんなに優しくされたわ。」

そう、今まで久子さんはお金持ちとばっかり遊んでたでしょ。
お金持ちの人って他人から優しくしてもらう事ばっかりで、
自分から優しくする事がないんだよね。
だから、久子さんは彼の小さな優しさに落ちてしまったのね。



結局、女の子はみんな優しい男が好きなのよ。
じゃあ、優しい男ってなんなのか?

よく、「理想のタイプは背が高くて〜優しくて〜」なんて言うけど、
どういうのが優しいっていうのか。

今回は合コンで、優しさをどうアピールしていくかを細かく教えまーす。
お店に入ってからを時系列で言っていくね。

  • 待ち合わせで顔を合わせてたら、「お待たせしてごめんね。」の一言
  • コートをハンガーに掛けてあげる
  • タバコを吸わない人に煙の向きを気にしてあげる(吸わないのがベスト)
  • ビールが飲めない子にビール以外の注文を取ってあげる
  • お酒が弱い子には、そっとウーロン茶を注文してあげる
    (みんなが気づかないように)
  • 遠くの料理を取ってあげる
  • 寒くないか聞く。寒いと言ったら膝に掛けなよ、と上着を貸す。
  • ゲームで女の子が負けて一気しなきゃいけない状況になったら
    代わりに飲んであげる(本音を言えばゲームは必要ないんだけど。)
  • デザートを頼んであげる。(もちろん女の子に決めさせる)
  • 帰りのタクシー代を出すつもりがないなら、終電のある時間にお開きにする
  • 無理矢理、二次会に誘わない

どう?自分の合コン姿を思い出して出来てるって思う?
あのね、飲み会の席でも冷静さを保たないとこういう事はできないのよ。
一気したり、飲み過ぎたりして変に盛り上がる必要はないの。
素敵な人がいればそれだけで女の子は満足なのよ。

次回の合コンではぜひ、やってみてね。

 

姫は明日からパリです。ボンジュール!!素敵な出会いが凱旋門あたりでありますように☆ふふっ

<<過去ログへ          Indexへ>>