元CA姫のイギリス通信


-クレイジーリッチなお友達-


Hello!! How are you??
姫です。お久しぶりになってしまいました。

早いものでこっちに着て、1ヶ月半が経ちました。
前回話したチャイナカルチャーショックは結局慣れることがなく、違う寮に引っ越しました。
こっちはかなり環境よし!!部屋は前より狭いけど、環境重視で!!

そして、あんなに嫌がっていた中国人にもお友達ができたの。
学校帰りに歩いていると、一台のBMWが横付け、男の子が中国語で何やら言っている。
「I’m not Chinese.」
そういうと、
「友達になってほしい」
といきなり言われた。
うーーん、変な中国人。
でも、乗ってるのは結構かわいい男の子。
そして身なりからして相当リッチ。
お友達くらいならいっか。
そして、携帯電話番号を交換したの。

その週末、飲みに行かないか?と誘われた。
でも姫も女の子ですから、いきなり飲みに行って怖い思いはしたくない。
「うーーん、明日のランチはどう?」
と強引にランチに変更。
そして、次の日、彼が迎えに来た。
この前のBMに乗って。
中にはたくさん女の子と男の子が乗っている。
なんだそれ!?
デートじゃないんか??



そして、総勢5名でランチを食べに行く。
みんなの年齢を聞くと、18歳、19歳、20歳。

えーーと、姫より10歳若い???
そして、みんなお嬢様、おぼっちゃま。


ランチは昼からがっつりステーキを食べ、お会計はもちろん男の子もちで、ランチが終了。

「この後の予定は?」
と聞かれたので、
「買い物に行く予定。」
「ついて行ってもいい?」
「もちろんよ!!」
と一緒に買い物へ繰り出す。

そして、なぜか英語を教えてくれたお礼だと言い、すべてのお会計をしてくれて、服まで買ってくれた。

なるほどー、これがうわさのクレイジーリッチかあ。
よく見ると、彼の服装はコレクションブランドばっかり。
時計もよくわかんないけど、高そう。

でも彼は一年もここに住んでるのに、一ヶ月目の姫よりも英語ができない。
中国人以外の友達がいなければそうなるのも仕方ないよね。

彼の周りにも同じようなクレイジーリッチなお友達がたくさんいて、3階建ての家を買ってもらって(レンタルじゃなくて!!)住んでる人もいた。

どんだけ〜甘いのよ、ご両親!!

それ以来、買い物と言えば彼を呼び出し、お会計をさせてる姫。
うーーん、悪い子。
でも、貧乏学生だから許して。
でもあくまでお友達を貫き通していたの。

そしたら、最近、衝撃的な出来事があったの。



姫、一人なら絶対に行かない高級スーパーでお買い物をした後、お会計をいつものように任せたの。
そしたら、店員が
「このカードは拒否されました。」
何度トライしても拒否されるデビットカード。
おそらく残高が底をついてる。
「他にカードは?」
「ないです。」

たまりかねて姫がクレジットカードで清算した。
さっきまでご機嫌だった姫のテンションは急降下。

「ごめんね、今度返すから。」

そう言ってくれたものの、かなり心配。
だって、スーパーのお会計が£100(2万円以上)超えてるんですよ!!
彼がワインをたくさん買ったから。



これはきっと神様からのお仕置きなんだわ。
そう思って、姫は懺悔しました。

しばらくしたある日のこと、彼が突然言いました。
「ロンドンの学校に変えることにしたんだ。だから会えるのはもう最後になるよ。
彼女がいたらここに残りたいんだけど」

え〜〜姫のお財布が引越し!?
ていうかそれって告白!?

うーーん、ごめん、さすがに20才の子の彼女にはなれないわ。
ありがとう。
今まで約1ヶ月、姫の生活を支えてくれて。
忘れません。
あなたの事は。
ロンドンで素敵な彼女を見つけてね。



追伸、
立て替えたお金は多めに返ってきました。
よかった♪

姫でした。


<<過去ログへ          Indexへ>>